恐喝を認める場合

恐喝を認める場合のように犯罪を認める事件を自白事件といいます。

 

自白事件の弁護では、被疑者(俗にいう容疑者)に有利な証拠を収集することも行われますが、示談交渉がメインとなってきます。これは、日本の刑事事件では起訴されてしまった場合の有罪率が99%を超えることから、起訴されないこと、つまり不起訴の処分を得ることが重要になってくるところ、被害者に被害届を取り下げてもらうこと不起訴処分につながりやすいためです。恐喝罪が他の傷害罪や窃盗罪などの犯罪と異なり、罰金刑が設定されていない犯罪であり、有罪判決を受けてしまった場合には執行猶予が付く場合もありますが、懲役刑が言い渡されてしまう犯罪であることからも、不起訴処分を得ることがより大切になります。

 

示談とは、刑事事件における、加害者と被害者の間でなされる民事上の紛争解決のことをいいます。示談はあくまで民事上の紛争を解決するためのものではあり、刑事上の責任がなくなるわけではなりません。しかし、示談で合意される内容として、一般的に宥恕条項と呼ばれる被害者が加害者を許すこと、そして被害届の取り下げにより、被害者の処罰感情の薄れるため不起訴処分などの有利な処分を得やすくなるのです。

 

示談交渉では、①加害者から警察に被害者との示談を行いたいと申し出、②被害者が示談交渉に応じる場合には被害者の連絡先が開示され、③その連絡先に連絡し、内容について交渉を行い、④内容が決まると合意をする、という流れになります。
このとき、相手方の連絡先は個人情報であり、また被害者の中には加害者とは連絡を取りたくないという人もいるため、弁護人を選任していなければ示談交渉に応じてもらえない場合もあります。
示談では、上記のような宥恕条や被害届の取り下げが被害者側にすべき内容となりますが、加害者側に課される内容としては、主に示談金の支払があります。示談金は、被害者の受けた損害への賠償金に加え、被害者が負った精神的苦痛に対する慰謝料などが含まれるます。

 

恐喝罪で、その犯罪を認める場合には、できるだけ早く弁護士に相談することが大切です。恐喝罪は罰金刑が設けられていない比較的重い犯罪であり、起訴されやすく、執行猶予も付きにくい犯罪とされています。そのため、早期に示談交渉などの弁護活動を開始し、被害者との示談を成立させることで、不起訴処分を得ることがカギとなります。また、示談交渉を弁護士に依頼することで、示談の円滑な成立が期待でき、内容面においても適切なものにすることができます。

 

大久保総合法律事務所は、京都市や大津市、草津市を中心に京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県の皆様のお悩み解決に尽力しております。恐喝事件だけでなく、傷害・暴行事件や痴漢・わいせつ事件など、刑事事件でお困りの際はぜひ大久保総合法律事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

法律問題の解決には、1日でも早く専門家にご相談していただくことが必要です。

ご依頼者様のお話を丁寧に伺い、最適な解決案をご提案いたします。
刑事事件、交通事故でお困りの際はおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

法律家を身近に感じてもらおうと,日々努力しています。

いまなお,弁護士には気軽に相談できないという声を耳にすることがよくあります。「こんなことを相談してもよいのかな」と思うことでも,早期にご相談いただくべきお悩みを抱えている場合も往々にしてあります。
弁護士が皆さんにとって身近な存在になるよう,日々笑顔で頑張っています。親身になって対応させていただきますので,まずはお気軽にご相談ください。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~22:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)

事務所内観

事務所内観