中学生・高校生などの未成年が万引きで捕まったらどうなる?

京都 刑事事件の相談窓口(弁護士法人大久保総合法律事務所) > 万引き・窃盗事件 > 中学生・高校生などの未成年が万引きで捕まったらどうなる?

中学生・高校生などの未成年が万引きで捕まったらどうなる?

突然警察から電話で、未成年のお子さんが万引きで逮捕されたと言われたら、ショックを受け、どうしたらよいのかと悩んでしまうという方が多いでしょう。

ここでは、中学生や高校生といった未成年が万引きで捕まった場合にどうなるかについてみていきます。

万引きについて

万引きとは、買い物客を装って店を訪れ、代金を支払わずに商品を持ち去ってしまうことを言います。

この万引きは、スリや置き引き、ひったくりなどと同じ刑法上の窃盗罪にあたる重い犯罪となっています。

未成年でも逮捕されてしまうことがあるのか

20歳未満が犯罪を行った場合、少年法が適用される少年事件と呼ばれます。

少年事件では、14歳未満と14歳以上で処遇が大きく異なります。

 

14歳未満の場合には、触法少年と呼ばれ、逮捕されることはなく、刑事責任を問われることもありません。

しかし、犯罪を行った場合には、児童相談所に一時保護という形で身柄拘束されてしまうことがあります。

 

14歳以上の場合には、犯罪少年と呼ばれ、逮捕され、刑事責任を問われることもあります。

またその中でも18歳と19歳については特定少年と呼ばれ、実名報道がなされるおそれもあります。

少年事件の流れ

ここでは、犯罪少年の事件の流れについてみていきます。

 

①逮捕・勾留

万引きをしたとして、警察に逮捕されてしまうと、警察による取り調べを受け、その後検察に送られることになります。

検察官は逮捕に引き続いて勾留という形で身柄拘束を続けることがあります。

ここまでの流れは、犯罪少年も成人の犯罪と同様です。

しかし、この先の流れが成人の場合とは異なってきます。

 

②少年審判

成人の場合には、検察官が起訴不起訴の判断をし、その上で起訴された場合には裁判を受けることになっています。

これに対して、犯罪少年の場合には、検察官は全件が家庭裁判所に送られ、家庭裁判所がどういった処分を下すかの判断をすることになっています。

この手続きを少年審判と呼びます。

 

少年審判では、家庭裁判所の調査官によって少年自身や少年を取り巻く環境についての調査がなされます。

その結果を受け、実際に家庭裁判所の裁判官が本人や調査官、保護者などにも質問をした上で様々な処分を下すことになります。

この少年審判の過程では、少年鑑別所に犯罪少年が送られ、調査がなされることもあります。

 

少年審判で下される処分としては、何も処分を下さない不処分、保護観察官らの観察の下で日常生活に復帰する保護観察処分、少年院送致、重大な犯罪の場合などの検察官送致などがあります。

最後の検察官送致は、検察官から家庭裁判所に送られた少年を再度検察官に送ることから逆送などと呼ばれることもあり、この場合には成人と同様に刑事裁判を受けることになります。

万引き・窃盗事件については大久保総合法律事務所におまかせください

少年事件の場合には、成人の犯罪とは異なる場面も存在し、知識がない場合にはわかりにくい手続きもあります。

そのため、お子さんが万引きで逮捕されたときには弁護士に相談し、対応を依頼することで、よりよい結果が期待できます。

大久保総合法律事務所では、万引き・窃盗事件にかかるご相談を承っております。

お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

刑事事件の解決は初動の動きが重要です。逮捕後の72時間が勝負です。

緊急性の高い刑事事件において迅速かつ丁寧に対応します。
どうしたいのか?最適な道筋は何なのか?ということについて,依頼者様の意思に基づいて対応します!
見通しの立ちにくい場合であっても、最後まで諦めず対応します。
最後まで希望を捨てないでください!

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

「もっと早く相談していれば」と思うその前に。些細なことでもまずはご相談ください。

刑事事件は、同じ事件名であってもご相談者ごとに状況が異なります。
当然、最適な解決方法も個々に変わってきます。
そのために、問題解決に向けて、依頼者様との綿密なコミュニケーションに力を入れております。
「心が折れそうになっていたが、先生に支えてもらって前向きな気持ちになれた。」
そう言ってもらえるよう全力を尽くします。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~24:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)
外部リンク 弁護士法人 大久保総合法律事務所

事務所内観

事務所内観

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。