恐喝事件 起訴

  • 迷惑行為防止条例違反と強制わいせつとの分かれ目

    また罪を認めて被害者と示談交渉を行う場合でも、より早く示談を成立させることができれば、微罪処分として釈放されることまではほとんどありませんが、前科のつかない不起訴処分を獲得し、長期間の身体拘束を回避することも可能です。 大久保総合法律事務所は、京都市や大津市、草津市を中心に京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県の皆様のお...

  • 強制わいせつ罪となる痴漢

    示談を成立させるメリットとしては、示談の内容として一般的に含まれる被害者が加害者を許し、被害届を取り下げることが、被害者の処罰感情の薄れを意味するため、不起訴などの加害者に有利な処分につながるということが挙げられます。また、示談において加害者側は被害者に対し、被害の賠償、つまり痴漢・わいせつ事件の場合には慰謝料を...

  • 恐喝を認めない場合

    恐喝事件の被疑者となってしまった場合には、できるだけ早く弁護士に相談することが重要です。否認事件の弁護では、証拠収集が主となるところ、目撃者を探す、あるいは証拠を収集するとしても時間が経てば経つほど有利な証拠を発見することは困難になってしまうためです。また、恐喝事件は罰金刑が設けられていない比較的重い犯罪であり、...

  • 恐喝を認める場合

    これは、日本の刑事事件では起訴されてしまった場合の有罪率が99%を超えることから、起訴されないこと、つまり不起訴の処分を得ることが重要になってくるところ、被害者に被害届を取り下げてもらうこと不起訴処分につながりやすいためです。恐喝罪が他の傷害罪や窃盗罪などの犯罪と異なり、罰金刑が設定されていない犯罪であり、有罪判...

  • 傷害・暴行事件被害にあった

    また、刑事事件においては、起訴された場合の有罪率が99%を超えていることから、起訴されないことが重要であり、起訴が決まった後では有利に示談交渉を行いにくくなるため、示談交渉を持ち掛けられた場合には早期に合意に至ることもポイントとなります。 加害者から示談が持ちかけられなかった場合でも、被害者が負った損害や慰謝料に...

  • 傷害と暴行事件の違い

    特に示談は傷害・暴行事件において有効であり、被害者やその弁護人との交渉により、治療費や慰謝料などといった示談金の支払をする代わりに、相手には被害届を取り下げてもらうことで、不起訴といった有利な処分が期待できます。 大久保総合法律事務所は、京都市や大津市、草津市を中心に京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県の皆様のお悩み解...

  • 被害者と示談したい方

    起訴前に示談が成立すれば、不起訴となるため、前科がつきません。 起訴起訴の決定は、検察官が捜査の結果を踏まえた上で行います。そして被害の状況や示談の成立の有無なども考慮しながら決定をします。そのため、被害者との示談成立は不起訴処分の獲得に向けて非常に重要となります。 万が一、起訴がされた場合でも執行猶予付きの判...

  • 刑事事件の流れ逮捕から裁判まで

    起訴事件発生から勾留後までの取り調べや捜査などで証拠収集等が完了し、事件の犯人としての嫌疑が高まった段階で、検察官は起訴の決定を行います。当然不起訴処分となることも考えられます。不起訴となるのは次の場合です。(1)起訴すべき条件が欠けるとき(2)法律上、犯罪が成立しないとき(3)証拠上、犯罪事実を認定できないと...

  • 迷惑防止条例違反で適用される刑罰

    迷惑防止条例として起訴されてしまった場合には、お早めに弁護士に相談されることをおすすめします。 大久保総合法律事務所では、迷惑防止条例違反で起訴された方の、刑事裁判に対応しております。お困りの方はご相談ください。

  • 迷惑防止条例違反とは

     そのため、早期に弁護士に依頼をすることで今後の戦略を立てられますし、自白を強要するような発言があった場合には、起訴後に弁護士の方からしっかりと対応をさせていただきます。 大久保総合法律事務所では、迷惑防止条例違反で起訴された方の、刑事裁判に対応しております。お困りの方はご相談ください。

  • 量刑を決める判断基準

    麻薬取締法違反で事件化すると、麻薬所持量が極めて微量だった場合などを除き、多くのケースで逮捕・勾留され、起訴されます。日本の刑事裁判では有罪率が99.9%以上であるため、起訴されて刑事裁判になるとほぼ間違いなく有罪判決が下され、前科が付くことになります。故意(所持等の認識がない)や営利目的の有無を争ったり、捜査当...

  • 窃盗の態様ごとの刑罰の違い

    例えば、被害額が少額で示談がすでに成立している初犯の万引き事件では、そもそも事件化することは少なく、事件化しても「不起訴処分」や警察段階で刑事手続きが終了する「微罪処分」で済むケースがほとんどです(なお、微罪処分となれば前科は付かないが、前歴は残る)。また、被害額がそれなりに大きいなど微罪処分で済まないケースでも...

  • 万引き・窃盗事件で不起訴処分・執行猶予を目指すには

    「万引き」と聞くと軽いイメージを持つ方は少なくありませんが、「万引き」も窃盗と変わりはなく、万引き・窃盗事件で逮捕・起訴されて実刑判決となるケースも十分に考えられます。「軽い処分で済むだろう」と高を括っていると、逮捕や刑事罰等の重大な不利益を受けることになります。万引き・窃盗を行った事実は変えられないため、万引き...

  • 盗撮やのぞきの無実の証明

    それにより不起訴処分などの早期解放や無罪判決を勝ち取ることも可能となります。大久保総合法律事務所は、京都市、大津市、草津市を中心に、京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県における刑事事件に関するさまざまなご相談を承ります。当事務所は、ご依頼者様のお気持ちに寄り添い、誠心誠意サポートいたします。初回相談30分無料で、事前予...

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士

弁護士大久保 勇輝

(おおくぼ ゆうき)

法律問題の解決には、1日でも早く専門家にご相談していただくことが必要です。

ご依頼者様のお話を丁寧に伺い、最適な解決案をご提案いたします。
刑事事件、交通事故でお困りの際はおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

反田貴博弁護士

弁護士反田 貴博

(たんだ たかひろ)

法律家を身近に感じてもらおうと,日々努力しています。

いまなお,弁護士には気軽に相談できないという声を耳にすることがよくあります。
「こんなことを相談してもよいのかな」と思うことでも,早期にご相談いただくべきお悩みを抱えている場合も往々にしてあります。
弁護士が皆さんにとって身近な存在になるよう,日々笑顔で頑張っています。
親身になって対応させていただきますので,まずはお気軽にご相談ください。

事務所概要

Office Overview

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~22:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)