覚醒剤 所持 初犯

覚醒剤 所持 初犯

  • 覚醒剤所持や使用での逮捕|初犯の場合の刑罰について解説

    近年、覚醒剤を始めとする薬物犯罪が年齢を問わず広がっています。ここでは、覚醒剤所持や使用で逮捕されてしまった場合、特に初犯の場合の刑罰についてみていきます。覚醒剤について覚醒剤とは、フエニルアミノプロパンやフェニルメチルアミノプロパン、そしてその塩類といった物質のことをいいます。覚醒剤には、中枢神経を刺激し幻覚...

  • 量刑を決める判断基準

    麻薬取締法違反で事件化すると、麻薬所持量が極めて微量だった場合などを除き、多くのケースで逮捕・勾留され、起訴されます。日本の刑事裁判では有罪率が99.9%以上であるため、起訴されて刑事裁判になるとほぼ間違いなく有罪判決が下され、前科が付くことになります。故意(所持等の認識がない)や営利目的の有無を争ったり、捜査当...

  • 迷惑防止条例違反で適用される刑罰

    12条はピンクビラを所持した場合の刑罰であり、30万円以下の罰金または拘留もしくは科料に処するとしています。 ◆13条11条の処罰対象となる不正な客引き行為に対して、警察官は行為をやめるように指示をすることができます。13条では、それらの指示に従わなかった場合には、20万円以下の罰金または拘留もしくは科料に処する...

  • 迷惑防止条例違反とは

    児童ポルノを所持していた場合には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、提供をした場合には3年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処せられます。 ・住居(建造物)侵入罪(刑法130条)盗撮をするために、他人の住居に侵入した場合には住居侵入罪、同様の目的で他人が管理するビルなどの住居以外の建造物に侵入した場合には...

  • 麻薬取締法違反とは

    麻薬取締法とは、正式には「麻薬及び向精神薬取締法」といい、麻薬や向精神薬の輸入・輸出や、製造、譲り受け・譲り渡し、所持など、麻薬・向精神薬の取り扱いや規制を定めた法律です。 麻薬は同法別表第1に掲げる物をいい(同法2条1号)、具体的にはヘロインやコカイン、モルヒネ、MDMAなどです。これらは身体に有害であり、依存...

  • 窃盗の態様ごとの刑罰の違い

    初犯か累犯(再犯)か、同種前科・同種前歴(「前歴」:過去に捜査の対象となった履歴)・犯行態様・犯行後の行動・被害額や被害弁償の有無(被害の回復状況)・反省の状況・被害者の処罰感情の有無 例えば、被害額が少額で示談がすでに成立している初犯の万引き事件では、そもそも事件化することは少なく、事件化しても「不起訴処分」...

  • 援助交際・買春事件で逮捕された場合の刑罰

    ■児童ポルノ所持・製造罪18歳未満の児童と援助交際をし、性的な写真や動画など(児童ポルノ)を所持、提供、製造、公開などを行うと「児童買春・児童ポルノ禁止法」に違反します。自己の好奇心のために所持した場合は「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」、児童ポルノを製造・提供した場合は「3年以下の懲役または300万円...

  • パパ活で逮捕されるのはどんなケース?援助交際との違いは?

    児童ポルノの所持)があります。 児童福祉法違反としては、児童と淫行(性交や性交類似行為)することが犯罪とされています。また青少年健全育成条例違では、児童福祉法違反と同様に淫行することが違反とされ、さらに時間によっては深夜に外出させる行為(京都府の場合、18歳未満の青少年を理由なく午後11時から午前4時の間外出させ...

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

刑事事件の解決は初動の動きが重要です。逮捕後の72時間が勝負です。

緊急性の高い刑事事件において迅速かつ丁寧に対応します。
どうしたいのか?最適な道筋は何なのか?ということについて,依頼者様の意思に基づいて対応します!
見通しの立ちにくい場合であっても、最後まで諦めず対応します。
最後まで希望を捨てないでください!

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

「もっと早く相談していれば」と思うその前に。些細なことでもまずはご相談ください。

刑事事件は、同じ事件名であってもご相談者ごとに状況が異なります。
当然、最適な解決方法も個々に変わってきます。
そのために、問題解決に向けて、依頼者様との綿密なコミュニケーションに力を入れております。
「心が折れそうになっていたが、先生に支えてもらって前向きな気持ちになれた。」
そう言ってもらえるよう全力を尽くします。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~24:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)
外部リンク 弁護士法人 大久保総合法律事務所

事務所内観

事務所内観

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。