麻薬取締法違反とは

麻薬取締法とは、正式には「麻薬及び向精神薬取締法」といい、麻薬や向精神薬の輸入・輸出や、製造、譲り受け・譲り渡し、所持など、麻薬・向精神薬の取り扱いや規制を定めた法律です。

 

麻薬は同法別表第1に掲げる物をいい(同法2条1号)、具体的にはヘロインやコカイン、モルヒネ、MDMAなどです。これらは身体に有害であり、依存性も認められるため、その所持等については厳しい規制が課されています。特にジアセチルモルヒネ等(ヘロイン)は薬物としての依存性が高いことから、同法ではジアセチルモルヒネ等(ヘロイン)と、ジアセチルモルヒネ等以外の麻薬を区別しており、ジアセチルモルヒネ等(ヘロイン)には覚せい剤と同様の重い刑罰が設定されています。

 

麻薬取締法に違反した場合の刑罰について見ていきましょう。上記のようにジアセチルモルヒネ等(ヘロイン)とその他とでは区別して規定されています。なお、各罪に未遂罪も規定されています。
■ジアセチルモルヒネ等(ヘロイン)に関する規定
・規制対象物の輸入・輸出・製造(同法64条)
【単純】1年以上の有期懲役
【営利目的】無期もしくは3年以上の懲役/(情状により)無期もしくは3年以上の懲役および1000万円以下の罰金

 

・規制対象物の製剤(薬の有効成分を使いやすい形に加工すること)・小分け・譲渡・譲り受け・交付・所持(同法64条の2)、施用(治療目的で使用すること)・廃棄・受施用(同法64条の3)
【単純】10年以下の懲役
【営利目的】1年以上の有期懲役/(情状により)1年以上の有期懲役および500万円以下の罰金


■ジアセチルモルヒネ等以外(コカイン、モルヒネ、MDMAなどの麻薬)に関する規定
・規制対象物の輸入・輸出・製造・栽培(同法65条)
【単純】1年以上10年以下の懲役
【営利目的】1年以上の有期懲役/(情状により)1年以上の有期懲役および500万円以下の罰金

 

・規制対象物の製剤・小分け・譲渡・譲受け・所持(同法66条)、施用、施用のための交付・受施用(同法66条の2)
【単純】7年以下の懲役
【営利目的】1年以上10年以下の懲役/(情状により)1年以上10年以下の懲役および300万円以下の罰金


大久保総合法律事務所は、京都市、大津市、草津市を中心に、京都府、滋賀県、大阪府、兵庫県における刑事事件に関するさまざまなご相談を承ります。
当事務所は、ご依頼者様のお気持ちに寄り添い、誠心誠意サポートいたします。初回相談30分無料で、事前予約で時間外・休日も対応可能です。
刑事事件でお困りの際は、当事務所までご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

資格者紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

法律問題の解決には、1日でも早く専門家にご相談していただくことが必要です。

ご依頼者様のお話を丁寧に伺い、最適な解決案をご提案いたします。
刑事事件、交通事故でお困りの際はおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

法律家を身近に感じてもらおうと,日々努力しています。

いまなお,弁護士には気軽に相談できないという声を耳にすることがよくあります。「こんなことを相談してもよいのかな」と思うことでも,早期にご相談いただくべきお悩みを抱えている場合も往々にしてあります。
弁護士が皆さんにとって身近な存在になるよう,日々笑顔で頑張っています。親身になって対応させていただきますので,まずはお気軽にご相談ください。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~22:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)

事務所内観

事務所内観