【弁護士が解説】暴行罪でも警察が動かないケースとは

京都 刑事事件の相談窓口(弁護士法人大久保総合法律事務所) > 傷害・暴行事件 > 【弁護士が解説】暴行罪でも警察が動かないケースとは

【弁護士が解説】暴行罪でも警察が動かないケースとは

相手に暴行を加えてしまったとき、怪我をさせていないから問題ないと考えている方もいるでしょう。

しかし、怪我をさせていなくとも、刑法上の暴行罪は成立することになります。

ここでは、暴行罪とはどういったときに成立するのか、警察が動かない場合とはどういったケースなのかについてみていきます。

暴行罪とは

暴行罪とは、相手の身体に対して不法な有形力を行使し、怪我をさせなかった場合に成立する犯罪となります。

身体に対するものであること、そして有形力である必要があるため、口頭での嫌がらせなどは暴行罪には当たらないことになります。

暴行罪にあたるケースとしては、直接的に殴る、蹴るといった暴行を加えたケースが挙げられます。

また、相手にあたらなかったとしても物を振り回す、塩をかけるといった行為でも、暴行にあたるとされることがあります。

 

よく似た犯罪として傷害罪があります。

傷害罪は、行為が口頭での嫌がらせなど有形のものに限られないこと、そして相手に怪我をさせたものに限られること、といった点で暴行罪と異なります。

 

怪我をさせてしまった場合には傷害罪が成立し、怪我をさせなかった場合には暴行罪が成立するということからも、怪我をさせなければ問題はないという考えは誤りであることがわかります。

暴行罪で警察が動かないケース

暴行罪にあたる行為をし、被害者の方が被害届を出すなどしたとしても、警察が動かないケースがあります。

これは、簡単にいえば、証拠がない場合となります。

被害者の方が怪我をしている場合には、怪我の事実から何らかの暴行を加えられたことが明らかとなりますが、暴行罪の場合には怪我がなく、暴行という犯罪行為が実際になされたのかが不明であるためです。

 

しかし、怪我がない場合に、すべてのケースで警察が動かないというわけではありません。

近年では飲食店や電車の中、そして街中のあちこちに防犯カメラが設置されており、暴行の場面が捉えられていた場合には、それが証拠となりえます。

また、目撃者がいる場合や、被害者の方や周囲の人が咄嗟にスマートフォン等で動画撮影や録音していることもあり、そうしたものが証拠となる場合もあります。

実際に、暴行事件の90%近くで、被疑者(俗にいう容疑者)が検挙されています。

傷害・暴行事件は大久保総合法律事務所におまかせください

怪我をさせていなくとも、暴行罪という犯罪が成立することに変わりはありません。

そのため、暴行事件を起こしてしまった場合には弁護士に対応を相談した方がよいでしょう。

示談交渉などが成立すれば、暴行事件の起訴率は30%程度であることから、前科のつかない不起訴処分が期待できます。

 

大久保総合法律事務所では、刑事事件に関するご相談を承っております。

お困りの方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

刑事事件の解決は初動の動きが重要です。逮捕後の72時間が勝負です。

緊急性の高い刑事事件において迅速かつ丁寧に対応します。
どうしたいのか?最適な道筋は何なのか?ということについて,依頼者様の意思に基づいて対応します!
見通しの立ちにくい場合であっても、最後まで諦めず対応します。
最後まで希望を捨てないでください!

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

「もっと早く相談していれば」と思うその前に。些細なことでもまずはご相談ください。

刑事事件は、同じ事件名であってもご相談者ごとに状況が異なります。
当然、最適な解決方法も個々に変わってきます。
そのために、問題解決に向けて、依頼者様との綿密なコミュニケーションに力を入れております。
「心が折れそうになっていたが、先生に支えてもらって前向きな気持ちになれた。」
そう言ってもらえるよう全力を尽くします。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~24:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)
外部リンク 弁護士法人 大久保総合法律事務所

事務所内観

事務所内観

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。