パパ活 逮捕

パパ活 逮捕

  • 援助交際・買春事件で逮捕された場合の刑罰

    「援助交際」や「児童買春」事件で逮捕された場合の刑罰について見ていきましょう。 「援助交際」とは、一般的には成人男性が金銭の援助の見返りとして女性、特に未成年の学生と交際することをいいます。食事や買い物などのデートにとどまる場合もあれば、性交渉を伴う場合もあります。近年は援助交際という言葉に代わって「パパ活」とい...

  • パパ活で逮捕されるのはどんなケース?援助交際との違いは?

    近年、専門のアプリなども開発され、パパ活は社会に広く浸透しています。パパ活とは、女性が食事やデートなどの対価として男性から手当という名の金銭などを受け取る活動のことを言います。ここからは、パパ活と援助交際の違い、そしてパパ活が抱える法的な問題について解説していきます。  パパ活と援助交際の違い パパ活と似た意味の...

  • 刑事事件の流れ逮捕から裁判まで

    一般の方は、刑事事件で逮捕されてからどのような流れで裁判まで向かうかをご存知ない方が大多数だと思います。そこで実際に逮捕以降の流れを詳しく説明をしていこうと思います。 ①逮捕まず逮捕には通常逮捕と現行犯逮捕があります。厳密に言えば他にも逮捕の種類はあるのですが、今回はこの2つに絞って説明をしていきたいと思います。...

  • 迷惑防止条例違反とは

    迷惑防止条例に違反していないにもかかわらず、逮捕されてしまった場合には、取り調べなどで絶対に罪を認めてはいけません。自白は刑事裁判において非常に重要な資料となります。 そのため、早期に弁護士に依頼をすることで今後の戦略を立てられますし、自白を強要するような発言があった場合には、起訴後に弁護士の方からしっかりと対応...

  • 量刑を決める判断基準

    麻薬取締法違反で事件化すると、麻薬所持量が極めて微量だった場合などを除き、多くのケースで逮捕・勾留され、起訴されます。日本の刑事裁判では有罪率が99.9%以上であるため、起訴されて刑事裁判になるとほぼ間違いなく有罪判決が下され、前科が付くことになります。故意(所持等の認識がない)や営利目的の有無を争ったり、捜査当...

  • 万引き・窃盗事件で不起訴処分・執行猶予を目指すには

    「万引き」と聞くと軽いイメージを持つ方は少なくありませんが、「万引き」も窃盗と変わりはなく、万引き・窃盗事件で逮捕・起訴されて実刑判決となるケースも十分に考えられます。「軽い処分で済むだろう」と高を括っていると、逮捕や刑事罰等の重大な不利益を受けることになります。万引き・窃盗を行った事実は変えられないため、万引き...

  • 盗撮やのぞきの無実の証明

    もし、あなたが冤罪事件で逮捕・勾留といった身柄拘束されても、弁護士であればあなたの身柄を早期に解放してくれるよう適切な弁護活動を行うことができます。また逮捕段階や接見禁止処分にかかわらず弁護士と面会(接見)することができ、警察などの捜査当局からの取り調べで役に立つアドバイスを受けることができます。特に冤罪事件では...

  • 恐喝罪で逮捕された場合のその後の流れや対処法について解説

    〇恐喝罪で逮捕された場合の流れ恐喝罪で逮捕された場合には、その後警察と検察による取調べを受けることになります。取調べにおいては、事件の経緯や状況などについて取調べを行う警察官や検察官に質問され、それに答えていくこととなります。また逮捕は、逮捕が行われた時点から72時間のことをいいます。その内訳は48時間を警察が使...

  • 【弁護士が解説】盗撮で逮捕されるケースや逮捕後の流れ

    盗撮で逮捕されるケースとしては現行犯で逮捕される場合と、通常逮捕の手続により後日逮捕されるケースの2つに分けられます。現行犯逮捕のケースとしては被害者本人や目撃者によって取り押さえられ、通報を受けた警察官によって逮捕されるケースがあります。盗撮等の被害が多発している場所では、警戒中の警察官によって現行犯逮捕される...

  • 迷惑防止条例違反|防犯カメラ映像で後日逮捕はありえる?

    ここからは迷惑行為防止条例について、防犯カメラ映像での後日逮捕があり得るか詳しく見ていきます。  迷惑行為防止条例違反として犯罪になる行為 迷惑行為防止条例は、各都道府県が制定しており、呼び名や内容において少しずつ異なります。京都府では「迷惑行為等防止条例」が正式名称であり、他の都道府県と同様に公共の場での痴漢や...

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

刑事事件の解決は初動の動きが重要です。逮捕後の72時間が勝負です。

緊急性の高い刑事事件において迅速かつ丁寧に対応します。
どうしたいのか?最適な道筋は何なのか?ということについて,依頼者様の意思に基づいて対応します!
見通しの立ちにくい場合であっても、最後まで諦めず対応します。
最後まで希望を捨てないでください!

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

「もっと早く相談していれば」と思うその前に。些細なことでもまずはご相談ください。

刑事事件は、同じ事件名であってもご相談者ごとに状況が異なります。
当然、最適な解決方法も個々に変わってきます。
そのために、問題解決に向けて、依頼者様との綿密なコミュニケーションに力を入れております。
「心が折れそうになっていたが、先生に支えてもらって前向きな気持ちになれた。」
そう言ってもらえるよう全力を尽くします。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~24:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)
外部リンク 弁護士法人 大久保総合法律事務所

事務所内観

事務所内観

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。