無実 弁護

無実 弁護

  • 盗撮やのぞきの無実の証明

    このような冤罪事件に巻き込まれたときは、出来るだけすぐに弁護士に相談してください。盗撮行為やのぞき行為を行っていないという無実の証明を行うとすれば、被害者(と主張する者)の供述の信用性を争わなければなりません。相手の供述の矛盾点や目撃者の有無などを確認することになりますが、その際、弁護士が重要な役割を果たします。...

  • 強制わいせつ罪となる痴漢

    痴漢・わいせつ事件の加害者となってしまった場合にはできるだけ早く弁護士に相談することが重要です。痴漢・わいせつ事件では無実であると主張するために証拠収集をする場合でもそもそもの証拠が乏しく、より多くの証拠を収集するためには時間が必要となります。また示談交渉を行う際にも、性犯罪であり被害者の処罰感情が強くなかなか応...

  • 恐喝を認めない場合

    否認事件の弁護では、被疑者(俗にいう容疑者)の無実を立証するための証拠収集がメインとなります。 恐喝罪は、相手を怖がらせるだけの暴行や脅迫を加え、それによって何らかの財産の交付をさせたり、債務を免除させるなど財産的価値のある行為をさせたりする行為をいいます。この時、脅迫にあたる言葉としては、「殺す」「痛い目に合わ...

  • 被害者と示談したい方

    示談交渉をしたい場合には弁護士に依頼することがもっともおすすめできる方法と言えます弁護士を雇うと以下のようなメリットがあります。 ①被害者の連絡先を教えてもらえる示談交渉では当然ながら、被害者の連絡先がわからなければ交渉すら行うことが不可能です。しかし個人ではどうしても被害者の連絡先を手に入れることは不可能です。...

  • 刑事事件の流れ逮捕から裁判まで

    被告人に関わる事項としては、私選弁護人を選任する経済状況にない方に関しては、この段階で国選弁護人が選定されます。 また、第1回公判期日が確定すると保釈が許されます。保釈とは、保釈金を納付させることにより、公判期日に欠席した場合には保釈金の没収をするという心理的強制を与えることで、被告人の出頭を確保するという制度で...

  • 迷惑防止条例違反で適用される刑罰

    迷惑防止条例として起訴されてしまった場合には、お早めに弁護士に相談されることをおすすめします。 大久保総合法律事務所では、迷惑防止条例違反で起訴された方の、刑事裁判に対応しております。お困りの方はご相談ください。

  • 迷惑防止条例違反とは

     そのため、早期に弁護士に依頼をすることで今後の戦略を立てられますし、自白を強要するような発言があった場合には、起訴後に弁護士の方からしっかりと対応をさせていただきます。 大久保総合法律事務所では、迷惑防止条例違反で起訴された方の、刑事裁判に対応しております。お困りの方はご相談ください。

  • 量刑を決める判断基準

    そこで、弁護方針としては重い刑罰が科されないように量刑(刑の重さ)を軽減するような活動を行うことが考えられます。ここでは量刑を決める基準について見ていきましょう。 まず、覚せい剤や麻薬などの薬物事件は「被害者のいない犯罪」とされており、一般的な刑事弁護で有効な手法である「被害者との示談成立」を目指す弁護活動は行わ...

  • 万引き・窃盗事件で不起訴処分・執行猶予を目指すには

    弁護士に依頼し、代理人として示談交渉を一任することが多く、示談では被害者側に対する謝罪、盗んだ物の弁償、慰謝料等の示談金の支払いなどを行って、被害者側に許しを求めることになります。示談が成立しても必ずしも「不起訴処分」や「執行猶予」となるわけではありませんが「不起訴処分」や「執行猶予」となる可能性は高まります。

  • 迷惑行為防止条例違反と強制わいせつとの分かれ目

    迷惑行為防止条例違反や強制わいせつ罪など、痴漢・わいせつ事件の被疑者となってしまった場合にはできるだけ早く弁護士に相談することが大切です。痴漢・わいせつ事件は白日の下でなされることが少ない犯罪であり、目撃者が乏しいことから、そもそも証拠を収集しにくく、証拠収集の開始が遅れてしまえば証拠の収集はより困難になってしま...

  • 恐喝を認める場合

    自白事件の弁護では、被疑者(俗にいう容疑者)に有利な証拠を収集することも行われますが、示談交渉がメインとなってきます。これは、日本の刑事事件では起訴されてしまった場合の有罪率が99%を超えることから、起訴されないこと、つまり不起訴の処分を得ることが重要になってくるところ、被害者に被害届を取り下げてもらうこと不起訴...

  • 傷害・暴行事件被害にあった

    このとき、被害者として加害者と直接やり取りをしたくないという場合や、個人情報故に教えたくないという場合は、加害者の弁護人にのみにしか連絡先を教えないという条件を出すこともできます。また、刑事事件においては、起訴された場合の有罪率が99%を超えていることから、起訴されないことが重要であり、起訴が決まった後では有利に...

  • 傷害と暴行事件の違い

    警察から傷害・暴行事件の被疑者(俗にいう容疑者)として捜査を受けた場合には、できるだけ早く弁護士に相談することが大切となります。相談を受けた弁護士は、被疑者に有利な証拠を収集する、被害者との示談交渉を行うなどの弁護活動を行います。特に示談は傷害・暴行事件において有効であり、被害者やその弁護人との交渉により、治療費...

当事務所が提供する基礎知識

Basic Knowledge

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。

よく検索されるキーワード

Search Keyword

弁護士紹介

Staff

大久保勇輝弁護士の写真
弁護士大久保 勇輝

刑事事件の解決は初動の動きが重要です。逮捕後の72時間が勝負です。

緊急性の高い刑事事件において迅速かつ丁寧に対応します。
どうしたいのか?最適な道筋は何なのか?ということについて,依頼者様の意思に基づいて対応します!
見通しの立ちにくい場合であっても、最後まで諦めず対応します。
最後まで希望を捨てないでください!

反田貴博弁護士の写真
弁護士反田 貴博

「もっと早く相談していれば」と思うその前に。些細なことでもまずはご相談ください。

刑事事件は、同じ事件名であってもご相談者ごとに状況が異なります。
当然、最適な解決方法も個々に変わってきます。
そのために、問題解決に向けて、依頼者様との綿密なコミュニケーションに力を入れております。
「心が折れそうになっていたが、先生に支えてもらって前向きな気持ちになれた。」
そう言ってもらえるよう全力を尽くします。

事務所概要

Office

事務所名 大久保総合法律事務所
代表者 大久保 勇輝 (おおくぼ ゆうき)
所在地 〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入御倉町85-1 KDX烏丸ビル4階
TEL/FAX TEL:050-1751-0504/FAX:075-708-5575
営業時間 8:00~24:00(事前予約で時間外も対応可能です。)
定休日 土・日・祝日(事前予約で休日も対応可能です。)
外部リンク 弁護士法人 大久保総合法律事務所

事務所内観

事務所内観

京都 刑事事件の相談窓口にお任せください!
刑事事件に強い弁護士が丁寧にサポートいたします。

営業時間外・休日も対応可能です。お気軽にご相談ください。